タスクの意味とは?

「タスク管理」というように使われる「タスク(task)」という言葉。
ビジネスやコンピューターの分野でよく使われる言葉なので、意味を理解しておきましょう。

スポンサーリンク

タスクの意味

タスク(task)は「課せられた仕事」という意味の言葉です。

やらなくてはならない仕事や課題のことを「タスク」と言います。

スケジュールを管理するときに「タスク管理」とよく言いますが、これは「やるべき仕事を管理すること」を意味します。
個々のやるべき仕事を把握し、スケジュールを管理するということです。

「タスク」と似た意味の言葉に「プロジェクト」がありますが、「タスク」が「個別の仕事」を意味するのに対し、「プロジェクト」は「個々のタスクが集まった大きな計画」を意味します。

また、「タスク」はコンピューターの分野でもよく使われており、この場合は「コンピューターで処理される作業の最小単位」という意味になります。
ここでも「タスク」は「最小単位の作業」という「個別の作業」を意味しています。

タスクの使い方

  • スマホのアプリでタスク管理をする。
  • タスクを完了するまで時間がかかった。
  • 複数のタスクを一度に実行する。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。