反映の意味とは?

よく使われますが、意味の説明が難しい「反映(はんえい)」という言葉。
どのような意味の言葉でしょうか。

スポンサーリンク

反映の意味

反映(はんえい)には2つの意味があります。

1つ目は「光や色が反射して映ること」という意味です。
「反射」して「映る(うつる)」ので「反映」です。
この意味では「朝日が湖面に反映する」というように使います。

2つ目は「あるものの性質が他に影響すること」という意味です。
これは1つ目の意味を比喩的に用いた表現です。
この意味では「時代を反映した作品」というように使います。
これは「その時代の性質が影響した作品」という意味になります。

どちらの意味でも使われますが、日常的には2つ目の意味で使うことの方が多いです。

「反映」は物理的に光や色が反射することと、それを比喩的に表現した意味の2つがあると覚えておきましょう。

反映の使い方

<光や色が反射して映ることという意味>

  • 壁の色が床に反映している。
  • 湖が青空を反映する。

<あるものの性質が他に影響することという意味>

  • 現場の意見を意思決定に反映させる。
  • 終戦の喜びが反映されている曲。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。