アンバサダーの意味とは?

CMの「ネスカフェアンバサダー」でよく聞くようになった「アンバサダー(ambassador)」という言葉。
企業の宣伝方法が変化してきているので、これからますますよく聞くようになるかもしれません。

スポンサーリンク

アンバサダーの意味

アンバサダー(ambassador)は「大使」という意味の言葉です。

「大使」は本来「外交使節の最上位」という意味で、「国の代表」を意味する仰々しい言葉ですが、カタカナ語の「アンバサダー」は「親善大使」や「広報大使」などの意味で使われることが多いです。

親善大使は「交流を増進するための役職」、広報大使は「広報を行うための役職」を意味し、国の代表を意味する「大使」よりも親しみやすいといえます。

「ネスカフェアンバサダー」は「ネスカフェを宣伝すること」が役目なので、この場合の「アンバサダー」は「広報大使」という意味で理解すると良いでしょう。

アンバサダーの使い方

  • スポーツ振興協会のアンバサダーに就任した。
  • タレントがアンバサダーに任命された。
  • ネスカフェアンバサダーに応募してみた。

というように使います。

スポンサーリンク

2 thoughts on “アンバサダーの意味とは?

  1. ピンバック: kokiが就任のブルガリのアンバサダーとは?歴代のアンバサダーは誰! | シングルマザーのちえ袋

  2. ピンバック: 「bookee(ブーキー)」のアンバサダーって何?リアルな口コミは? | 「bookee(ブーキー)」の口コミと評判は?無料体験100名突破!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。