アカウントの意味とは?

インターネットを使っていると頻繁に出てくる「アカウント(account)」という言葉。
「アカウント」はこれからますます使う機会が多くなりそうな言葉なので、意味をしっかりと理解しておきましょう。

スポンサーリンク

アカウントの意味

アカウント(account)は「ネットサービスなどを利用する権利」という意味の言葉です。

ネットサービスを利用するためにはアカウントが必要です。
例えば、Amazonで買い物をするためには「Amazonのアカウント」、Yahoo!メールを利用するためには「Yahoo!のアカウント」が必要です。
それぞれのサービスごとにそれぞれのアカウントを取得する必要があります。

会員登録などをしてIDとパスワードを決めるとアカウントを取得でき、会員ページにログインできるようになります。
アカウントを取得して会員ページにログインし、様々なサービスを利用するわけです。

会員登録に必要な個人情報を入力するのは抵抗があるかもしれませんが、サービスの提供者はアカウントによって利用者を識別するので基本的にアカウントの取得は必須です。

この他、「アカウント(account)」には「会計」や「口座」などの意味もありますが、上記のように「ネットサービスなどを利用する権利」という意味で使われることが多いです。

アカウントの意味

  • Googleアカウントを取得する。
  • アカウントが利用できなくなった。
  • サービスの利用にはアカウントの作成が必要である。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。