思惑の意味とは?

「思惑通りにことが運ぶ」というように使われる「思惑(おもわく)」という言葉。
漢字をみると難しそうですが、簡単な意味の言葉です。

スポンサーリンク

思惑の意味

思惑(おもわく)は「考え」「見込み」という意味の言葉です。

「思惑通り」で「考えの通り」という意味になります。
例えば、株価が上がることを予想してその通りになった場合などに「思惑通り」と言います。

「思惑」の「惑」は当て字なので、意味としては「思わく」で考えた方がわかりやすいです。
「思わく」は「思う」が名詞化した言葉なので、「思い」つまり「考え」という意味になります。

「思惑」は仏教用語としては「しわく」と読み、「煩悩」を意味する言葉として使われています。
同じ字でも読み方や意味が異なるので混乱しないようにしましょう。

一般的には「思惑」は「おもわく」と読み、「考え」や「見込み」という意味で使われます。

思惑の使い方

  • 思惑が外れ、大損してしまった。
  • 彼には何か思惑があるようだ。
  • 世間の思惑が気になってしょうがない。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。