矛盾の意味とは?

矛と盾と書いて「むじゅん」。
「君の話は矛盾している!」というように使われる言葉ですが、なぜ矛と盾なのでしょうか。

スポンサーリンク

矛盾(むじゅん)の意味とは

矛盾は「辻褄(つじつま)が合わないこと」という意味の言葉です。
辻褄は「合うべき物事の道理」という意味の言葉。

例えば、「禁煙中」と言いながら煙草を吸っている人は矛盾していることになります。
禁煙していれば煙草は吸わないはずで、辻褄があってないですからね。

「矛盾」の由来となった例で説明すると、「なんでも貫ける矛」と「決して貫けない盾」が両方存在することは、辻褄があっておらず矛盾していることになります。
「なんでも貫ける矛」は「決して貫けない盾」も貫けるわけですから「なんでも貫ける矛」が存在する場合は「決して貫けない盾」は存在できません。
逆に「決して貫けない盾」が存在する場合は「なんでも貫ける矛」でも貫けないわけですから「なんでも貫ける矛」は存在できません。
したがって、両方存在するということは辻褄があっていないということになります。
このようなことを「矛盾」といいます。

矛盾の使い方

  • 名探偵が犯人のアリバイの矛盾をついて事件を解決した。
  • ツイッターで「今日はつぶやきません」と矛盾したつぶやきをしてしまった。
  • 街中で「張り紙禁止」という張り紙を見かけた。矛盾していないか?

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。