焦燥感の意味とは?

「焦燥感に駆られる」というように使われる「焦燥感(しょうそうかん)」という言葉。
一見すると難しそうな言葉ですが、意味は簡単です。

スポンサーリンク

焦燥感の意味

焦燥感(しょうそうかん)は「あせっていらいらすること」という意味の言葉です。

例えば、明日の試験に向けて勉強しているのに全く頭に入らず、あせっていらいらする気持ちなどが「焦燥感」です。

あせっていらいらする気持ちに急き立てられる様子を「焦燥感に駆られる」と表現したりします。

「焦」は「いらだつ」や「あせる」、「燥」は「落ち着かない」という意味を持つ言葉です。
「焦燥(しょうそう)」という2字熟語だけでも「あせっていらいらすること」という意味があります。
「焦燥感」は「焦燥を感じていること」という意味ですね。

焦燥感の使い方

  • 焦燥感に駆り立てられる。
  • 焦燥感を抑えることができない。
  • 焦燥感が消え、落ち着くことができた。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。