愚直の意味とは?

「愚直な人」というように使われる「愚直(ぐちょく)」という言葉。
良い意味か悪い意味か判断に迷う言葉です。

スポンサーリンク

愚直の意味

愚直(ぐちょく)は「正直すぎて臨機応変に行動できないこと」という意味の言葉です。
「ばか正直」と同じ意味です。

曲がったことが許せなかったり、噓がつけなかったりして自分が損をするような人を「愚直な人」といいます。

「愚直」の反対語は「狡猾(こうかつ)」。
「愚直」は「狡猾」つまり「ずる賢いこと」の反対の意味なので基本的には良い意味です。
「愚直に行う」で「一生懸命にただひたすら行う」というような意味にもなります。

ただし、「愚(おろか)」という言葉が使われているように、場合によっては侮蔑的な意味になることもあるので、状況によって判断する必要があります。

愚直の使い方

  • 愚直に基本を繰り返す。
  • 彼は愚直で誠実な男だ。
  • 愚直なほどに正直な人間である。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。