ララバイの意味とは?

歌詞などによく登場する「ララバイ(lullaby)」という言葉。
あまり一般的な言葉ではありませんが、意味は簡単です。

スポンサーリンク

ララバイの意味

ララバイ(lullaby)は「子守唄」という意味の言葉です。

子供を寝かしつけるときに歌う歌のことを英語で「ララバイ(lullaby)」と言います。
日本では日常会話としては「子守唄」と日本語で言う方が一般的です。

有名な子守唄の「ねんねんころりよ」は正式名称を「江戸の子守唄」といいます。
江戸時代から歌い継がれてきた子守唄です。
「江戸のララバイ」というと、意味は合っていますが、かなり違和感があります。

「ララバイ」は「バイバイ」と似ているためか、「さようなら」という意味で使われていることもありますが、全く違う意味なので混乱しないようにしましょう。

ララバイの使い方

  • ララバイが耳に残っている。
  • お気に入りのララバイを口ずさむ。
  • ララバイを聴くとリラックスできる。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。