配慮の意味をわかりやすく

配慮(はいりょ)はよく聞く言葉ですが、書こうとするとなかなか難しい言葉でもあります。
その意味はなんでしょうか。

スポンサーリンク

配慮の意味とは

配慮は「他人に対して心をくばること」という意味の言葉です。
「心づかい」「気配り」と同じ意味です。

「配慮が足りない」と言えば「気配りが足りない」という意味になります。
接客業などをしていると「配慮が足りない!」と怒られることが1度はあると思います。

漢字で見ると「配」には「くばる」という意味があり、「慮」には「考えをめぐらす」という意味があります。
この2つがくっつくと「考えをめぐらせてくばる」、つまり「心をくばる」という意味になります。

配慮することは基本的に良いことで、積極的に行うべきことですが、やりすぎるとお節介にもなりかねないので、ほどほどにしておくのがベストです。

特に、障がいを持っている方に配慮する場合は「合理的配慮」という考え方があり、これは「障がい者から何らかの助けを求める意思表示があった場合に手を貸す」という考え方で、要らぬ世話は焼かない、ということです。

「合理的配慮」は障がい者に対する配慮を考えるときに使われる言葉ですが、個人的には健常者にとってもその方が有難いような気がします。

配慮の使い方

  • 昨日の振る舞いは配慮に欠けていた。
  • このあいだ泊まった旅館は配慮が行き届いており、とても気持ちが良かった。
  • 工事の際には近隣の住民に配慮することが必要である。

というように使います。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。