受領の意味とは?

ビジネスシーンでよく使われる「受領(じゅりょう)」という言葉。
なんとなく意味は理解できると思いますが、はっきりと理解しておいた方が良い言葉です。

スポンサーリンク

受領の意味

受領(じゅりょう)は「物やお金などを受け取ること」という意味の言葉です。

相手方から品物や代金を受け取ることや、書類やメールを受け取ることなどを「受領」といいます。
金品を受けとった場合は「受領書(じゅりょうしょ)」を発行しますし、重要なメールを受けとった場合は「受領いたしました」という内容のメールを返信したりします。

「受領しました」や「受領いたしました」は「受け取りました」と同じ意味ですが、少し丁寧な言い方です。
これらの言い回しはビジネスシーンで重宝するので使えるようにしておいた方が良いでしょう。

漢字をみると「受」は「うける・うけとる」、「領」は「自分のものにする」という意味を持っています。
よって「受領」で「受け取って自分のものにする」となります。

受領の使い方

  • 今月分の使用料を受領した。
  • 受領書を発行し忘れてしまった。
  • 契約書を受領いたしました。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。