ノイローゼの意味とは?

「ノイローゼ気味になる」というように使われる「ノイローゼ(neurosis)」という言葉。
ノイローゼはどのような意味の言葉でしょうか。

スポンサーリンク

ノイローゼの意味

ノイローゼ(neurosis)は「神経症」という意味の言葉です。

ノイローゼは精神病とは異なり、うつ病などと比べて症状の軽いものをいいます。

主にストレスが原因で精神的なバランスが崩れることが「ノイローゼ」で、例えば、何かをしなくてはならないと過度に思い込んで日常生活に支障をきたしたり、強い不安感に襲われて眠れなくなる、というような症状のことです。

「ノイローゼ」や「神経症」はもともと医学用語でしたが、その範囲が広すぎるために現在では廃止されています。
しかし一般には現在も使われており、ストレスによるちょっとした不調について「ノイローゼ気味」などと言います。
「テスト勉強のし過ぎでノイローゼ気味」というような使い方ですね。

一般的に使われる場合には「ノイローゼ気味」や「ノイローゼっぽい」など、本当にノイローゼになる手前の状態をいうことが多いです。

ノイローゼの使い方

  • 就職活動がうまくいかず、ノイローゼになりそうだ。
  • 仕事がきつくてノイローゼ状態である。
  • 最近、気分が優れずノイローゼっぽい。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。