アウトプットの意味とは?

「アウトプットが大事!」というように使われる「アウトプット(output)」という言葉。
仕事場で使われることも多いので、意味はしっかりと理解しておきましょう。

スポンサーリンク

アウトプットの意味

アウトプット(output)は「出力」という意味の言葉です。

「出力」は「情報を出すこと」という意味の言葉で、主に情報機器に対して使われます。

アウトプットはビジネスの分野では「結果につなげること」という意味で使われます。
「仕事はアウトプットが大事だ」という場合はこの意味で、「学んだこと(=インプットしたこと)を次の結果につなげる」ということです。
ビジネスで使われる「アウトプット」は人間の脳を情報機器に例えた表現です。

また、アウトプットには「産出」という意味もあり、使われる場面によって意味が異なるので注意が必要です。
「産出」は「物を生産すること」という意味の言葉です。

アウトプットの使い方

<出力という意味>

  • データをプリンターからアウトプットした。

<結果につなげることという意味>

  • インプットしたことをアウトプットしなければ意味がない。

<産出という意味>

  • 経済全体のアウトプットを向上させることが重要だ。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。