相違の意味とは?

「相違ない」というように使われる「相違(そうい)」という言葉。
よく聞きますし、簡単な意味なので覚えておきましょう。

スポンサーリンク

相違の意味

相違(そうい)は「2つのものごとの間にある違い」という意味の言葉です。

「AとBは相違ない」で「AとBの間には違いがない」という意味になります。
「相違」は簡単に「違い」という意味で理解してもわかりやすいです。
「相違ない」で「違いない」、「相違がある」で「違いがある」ですね。

漢字を見ると「相」は「あいて」、「違」は「ちがい」という意味をもっています。
2つを合わせると「相手との違い」となり「2つの間の違い」という意味になります。

相違の使い方

  • 2人の意見には相違がある。
  • これは確かに私が作ったものに相違ない。
  • 原作と映画ではいくつか相違点がある。

というように使います。
相違は「相違点(そういてん)」という使い方も良くされます。
相違点は「違っているところ」という意味の言葉です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。