リスクヘッジの意味とは?

投資の世界ではお馴染みの「リスクヘッジ(risk hedge)」という言葉。
広く一般にも使われる言葉なので、意味を知っておきましょう。

スポンサーリンク

リスクヘッジの意味

リスクヘッジ(risk hedge)は「危険防止策」という意味の言葉です。

「risk」は「危険」、「hedge」は「防止策」という意味の英単語です。

例えば、一つの銘柄に絞って投資をすると、その銘柄が下落した場合に損失が大きくなってしまうので、その損失軽減策として分散投資をしたりするわけです。
このような、将来の危険に備える対策のことを「リスクヘッジ」と言います。

リスクヘッジは投資以外でも使われており、事故の危険を前もって防止することも「リスクヘッジ」ですし、病気になった場合に備えて保険に入っておくことなども「リスクヘッジ」です。

つまり、リスクヘッジの意味をかみ砕いて言えば「将来起きるかもしれない危険に備えて対策を立てておくこと」ですね。

リスクヘッジの使い方

  • リスクヘッジのために複数の銘柄に投資した。
  • リスクヘッジ手段として先物取引を取り入れた。
  • 病気になった時のリスクヘッジとして保険に入った。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。