ディレクションの意味とは?

「ディレクションを担当する」というように使われる「ディレクション(direction)」という言葉。
似た言葉の「ディレクター(director)」の方が馴染みがありますが、「ディレクション」の意味も知っておきましょう。

スポンサーリンク

ディレクションの意味

ディレクション(direction)は「指導」「監督」「演出」という意味の言葉です。

例えば「TV番組のディレクション」なら「出演者の演技指導や照明の管理などを行う番組の総合的な演出」を意味します。
このディレクションを行う人のことを「ディレクター(director)」と言います。

ディレクション(direction)は英語で「方向」や「目的」という意味を持っています。
正しい方向に導くのが「監督」や「演出家」の役割なので、ディレクションは「導く」というニュアンスで理解してもわかりやすいです。

ディレクションの使い方

  • 演劇のディレクションを務めることになった。
  • 大手ウェブサイトのディレクションを担当したことがある。
  • ガキの使いのディレクションを手掛けているのはヘイポーである。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。