儚いの意味とは?

「人」の「夢」と書いて「儚い(はかない)」。
使われている漢字から意味を推測することができます。

スポンサーリンク

儚いの意味

儚い(はかない)は「消えてなくなりやすいさま」「不確かで実現の可能性が乏しいさま」という意味の言葉です。

「儚い命」で「か弱くてすぐに消えてしまいそうな命」、「儚い希望」で「不確かで実現しそうもない希望」という意味になります。
どちらも哀愁が漂う悲しげな意味です。

「夢まぼろし」という言葉もあるように、「夢」には「幻のように消えてなくなりやすいこと・不確かなこと」という意味があるので「人」の「夢」で「儚い(はかない)」という言葉になったようです。

ちなみに中国では「儚」は「おろかなこと」という意味で使われています。
儚い希望を持つくらいなら、現実に目を向けた方が良さそうですね。

儚いの使い方

  • 人の一生は儚いものである。
  • 儚い望みがあっさりと潰えた。
  • 儚い命であるからこそ懸命に生きるのである。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。