認識の意味、使い方を簡単に

「認識」は、当たり前に使われている言葉でよく耳にしますが、その意味を正確に述べようとすると非常に難しく哲学的になってしまいますので、ここではなるべく簡単に説明します。

スポンサーリンク

認識の意味とは

認識とは、ザックリいえば「あることを知り、理解すること」という意味の言葉です。

これはとても簡単な説明で、これを厳密に説明しようとすると、「物事の本質を理解すること、またそうした心の働き」「人間が対象を認め、それとして知る働き、また、知り得た成果」というような説明になってしまいます。
この説明を聞いて、すんなりと理解できる人はあまりいないと思うので、「認識」という言葉は、前述のとおり「あることを知り、理解すること」と簡単に理解しておいても問題ないでしょう。

「認識」のような普段、何気なく使っている言葉に限って、いざ説明しようとするととても難しくなることが多いですね。
不思議です。

認識の使い方

  • 今年の新人は認識がとても甘い。
  • 社会構造を正確に認識する。
  • これは間違いのようなので、認識を改めなければならない。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。