ニーズとは?意味をわかりやすく

「消費者のニーズに応える」といった言い回しなど、「ニーズ」は非常によく耳にする言葉ですが、その意味はなんとなく捉えられていることが多いようです。
ここではニーズの意味をわかりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

ニーズ(needs)の意味とは

ニーズは「需要」という意味の言葉です。
需要は「必要としていること」を意味する言葉で、例えば、おなかが減ったので何か食べたいなぁ、といった状態が需要のある状態です。

ニーズとウォンツの違い

ニーズと似た言葉としてウォンツ(wants)がありますが、両者には違いがあります。
ニーズが必要性を表す言葉であるのに対して「ウォンツ」は欲求を表している言葉です。
ニーズから生じた欲求が「ウォンツ」ということになります。

「おなかが減ったから何か食べたいなぁ」はニーズ(必要性)の段階で、「そうだ、行きつけのラーメン屋さんに行こう!」はラーメンを食べたい、というウォンツ(欲求)になります。

ニーズとウォンツは日常的にはそれほど区別されることはないですが、マーケティング用語としては厳密に区別されています。

ニーズの使い方

  • 消費者ニーズを調査する必要がある。
  • この商品は果たしてニーズがあるのだろうか。
  • 消費者の潜在ニーズを引き出せる製品を開発するべきだ。

潜在ニーズ(せんざいにーず)とは消費者がまだ自分で気が付いてないニーズのことです。
この潜在ニーズを引き出すことに長けていたのが「アップル社」でアップル製品の多くは、その製品を目にして初めて「こんなのが欲しかった」と思えるものです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。