相殺の意味と読み方をわかりやすく

相殺という言葉は読み方が1つではないため、混乱しやすい言葉です。
ここでは相殺の意味と読み方についてわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

相殺の意味と読み方

相殺(そうさい)は「お互いを帳消しにすること」という意味の言葉で、ビジネスシーンでも日常でもよく使われている言葉です。

これだけであれば単純なのですが、「相殺(そうさい)」には「そうさつ」という読み方もあり、この読み方の場合には「殺し合うこと」という物騒な意味が含まれます。
このため「帳消し」の意味で相殺を用いるときは「そうさい」という読みで使われることが一般的です。
「そうさつ」という読み方の場合は意味が広くなるということですね。

「そうさつ」には「そうさい」の意味も含まれていますが、相手に間違いだと捉えられる場合もあるので「帳消し」の意味で使う場合は「そうさい」といった方が無難です。

相殺の使い方

  • 帳簿の貸借(たいしゃく)を相殺(そうさい)する。
  • 互いの長所が相殺(そうさい)されてしまった。
  • 彼らは一対一で相殺(そうさつ)するつもりだ。

3つ目は「殺し合う」という意味で用いていますが、そのまま「殺し合いをするつもりだ」といったほうが通じやすいと思います。
もっとも、3つ目の意味で使うことはほとんどないでしょうから、「相殺」という言葉は「そうさい」という読み方と「帳消し」という意味で理解しておけばよいでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。