サテライトの意味とは

サテライトは色々な使われ方をしている言葉ですが、意味はそれほど知られていないようです。
ここではサテライトの意味についてわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

サテライトの意味

サテライトは「衛星」または「人工衛星」という意味の言葉です。

「衛星」は「惑星などの周りをまわっている天然の天体」を意味する言葉で、具体的な例を挙げれば、「月」が地球の衛星です。
「人工衛星」は「地球の周りをまわっている人工の天体」を意味する言葉で、人の手によって打ち上げられた天体のことです。

ちなみに「天体」とは「宇宙空間にある物体」を意味する言葉です。

これだけであればサテライトの意味はとてもわかりやすいのですが、サテライトには上記の意味から派生して「他のものに付属しているもの」という意味もあり、この意味で使われることの方が多いです。

サテライトの使い方

  • 来月からサテライトオフィスで勤務することになった。
  • サテライトスタジオから中継を行う。
  • ワールドビジネスサテライト(ニュース番組のタイトル)はとても勉強になる番組だ。

サテライトオフィスは「本社と離れたところにある小規模なオフィス」という意味の言葉です。
「本社に付属している小規模オフィス」というような意味ですね。

サテライトスタジオは「放送局の外に作られた中継用の小スタジオ」という意味の言葉です。
「放送局に付属している小スタジオ」というような意味ですね。

またサテライトは「ワールドビジネスサテライト」のように番組名に使われていたり、アニメ制作会社の社名に使われていたりします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。