卑屈の意味とは?

「卑屈な男」というように人の態度について表現するときに使われる「卑屈(ひくつ)」という言葉。
卑屈になっても良いことは無いので、なるべく卑屈にならないように注意しましょう。

スポンサーリンク

卑屈の意味

卑屈(ひくつ)は「必要以上に自分を卑しめること」という意味の言葉です。

卑しめる(いやしめる)は「劣っているものとして軽んじる」という意味の言葉。
「どうせ僕なんかバカだから…」「どうせ私なんか可愛くないから…」というように、自分で自分を劣っているものとして軽んじることを「卑屈」といいます。
卑屈な人は自己評価がとても低くて、自分のことが好きではない人です。
卑屈な人が好きという人もいないので、卑屈で良いことは何も無いと言えるでしょう。

漢字をみると「卑」は「いやしめる」、「屈」は「かがまって伸びない」という意味を持つ言葉です。
この場合、「屈」は「心がかがまって伸びない」つまり「いじける」というような意味ですね。
2つを合わせた「卑屈」で「いじけて自分自身をいやしめる」という意味になります。

卑屈の使い方

  • あいつは卑屈な奴だから、一緒にいると気が滅入る。
  • 卑屈になるな!」と一喝された。
  • 謙虚な態度つもりだったが、卑屈な態度になってしまった。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。