ハレーションの意味とは?

「まるでハレーションを起こしたようだ」というように使われる「ハレーション(halation)」という言葉。
ハレーションはもともと写真用語ですが、比喩的に使われることも多いです。
ここではハレーションの意味についてわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ハレーションの意味

ハレーション(halation)には2つの意味があります。

1つ目は「強い光の影響で写真が白くぼやけて映る現象」という意味です。

この意味では写真用語として使われる他に、比喩的な表現として使われることも多いです。
例えば「頭の中がハレーションを起こしたように真っ白になる」というような使い方ですね。
これは「何も考えられない状態」を表した比喩的な表現です。
このような表現は小説などでよくみられます。

2つ目は「他に影響を及ぼすこと」という意味です。

これは1つ目の意味から派生した意味で、主に悪い影響のことを表します。
例えば「不注意な発言がハレーションを起こした」で「不注意な発言が悪影響を及ぼした」という意味になります。
ほとんど良い意味では使われないので、「悪影響を及ぼすこと」という意味で理解しても良いでしょう。

ハレーションの使い方

<強い光の影響で写真が白くぼやけて映る現象という意味>

  • 絶景だったのに、写真がハレーションを起こしていて残念だ。
  • 目の前がハレーションを起こしたようになり、何も見えなくなった。

<他に影響を及ぼすことという意味>

  • 大統領のツイートが様々な形でハレーションを起こしている。
  • 影響力の強い人物はハレーションに細心の注意を払う必要がある。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。