確執の意味とは?

「二人の間に確執が生じる」というように人間関係を表すときによく使われる「確執(かくしつ)」という言葉。
よく使われる言葉なので意味はしっかりと理解しておきましょう。

スポンサーリンク

確執の意味

確執は「お互いが自分の主張を譲らないために生じる不和」という意味の言葉です。

「確執が生じる」で「お互いが自分の主張を譲らないために不和が生じる」という意味になります。
不和とは「仲が悪いこと」という意味の言葉。
確執を簡単に理解するのであれば「仲が悪いこと」という意味で捉えてもわかりやすいと思います。

確執は人間同士の不和に対して使われることが多い言葉ですが、国同士や企業などの組織同士の不和についても使われます。
例えば「北朝鮮と韓国の間には確執がある」というような使い方です。
これも「北朝鮮と韓国は仲が悪い状態である」というような意味になります。

確執はお互いが譲らないために生じるものであって、どちらかが譲れば確執は生じません。
お互いに譲り合って、確執がなくなり、仲良くできると良いですね。

確執の使い方

  • 意見の違いから、二人の間に確執が生じてしまった。
  • 企業間の確執が深刻化し、裁判にまで発展した。
  • 長年に渡る二国間の確執が無くなり、歴史的な和解をした。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。