整合性の意味とは?

「整合性を取る」や「整合性を図る」というように使われる「整合性(せいごうせい)」という言葉。
自分の言動に整合性がないと信頼を損ねてしまうので注意が必要です。

スポンサーリンク

整合性の意味

整合性(せいごうせい)は「論理に矛盾が無く一貫していること」という意味の言葉です。

例えば「昨夜飲み過ぎて酔いつぶれた」といいながら「今まで一滴もお酒を飲んだことが無い」というのは矛盾しているので「整合性が無い」といえます。

「整合性」をわかりやすく言えば「つじつまが合っていること」という意味ですね。
つじつまが合っている場合は「整合性がある」、つじつまが合っていない場合は「整合性がない」と表現します。

整合性はちょっとかたい言葉なので日常会話ではあまり使われず、ビジネスなどでよく使われます。
「整合性を取る」や「整合性を図る(はかる)」という言い回しをされることも多いです。
「整合性を取る」は「つじつまが合っている状態にする」、「整合性を図る」は「つじつまが合っている状態になるように工夫する」という意味になります。

整合性の使い方

  • 彼の話は整合性があるので信用しても良いと思う。
  • 新しい法案は既存の法律との整合性が取れないため、否決された。
  • 政治家は発言と行動の整合性を図る必要がある。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。