普遍的の意味をわかりやすく

「普遍的な価値」というように使われる「普遍的(ふへんてき)」という言葉。
難しそうな言葉ですが、よく使われる言葉なので、意味はしっかりと理解しておきましょう。

スポンサーリンク

普遍的の意味

普遍的(ふへんてき)は「すべてのものに共通しているさま」という意味の言葉です。

例えば「世界遺産は人類にとって普遍的な価値がある」といった場合は「世界遺産はすべての人々にとって価値がある」という意味になります。
世界遺産は誰かにとっては価値が無い、ということではなく、世界中のすべての人々に共通して価値があるということです。
このように、すべてに共通していることを「普遍的」といいます。

漢字でみると「普」も「編」も「全体にゆきわたる」という意味を持っているので、漢字の意味から「普遍的」を「すべてにゆきわたるさま」とイメージしてもわかりやすいでしょう。

普遍的の使い方

  • リンゴが落ちたところから万有引力という普遍的な法則を導き出した。
  • 愛を素晴らしいと感じるのは人類の普遍的な感情だろう。
  • 自己複製は生物に共通の普遍的な性質である。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。