アドバンテージの意味とは?

「アドバンテージ」は「バンテージ」という言葉が入っていることから包帯のようなものをイメージするかもしれませんが、全く別の言葉です。
アドバンテージはどのような意味の言葉でしょうか。

スポンサーリンク

アドバンテージの意味

アドバンテージ(advantage)は「有利」「有利な点」という意味の言葉です。

「僕のアドバンテージは英語ができるところ」で「僕の有利な点は英語ができるところ」という意味になります。

アドバンテージは「有利」や「有利な点」だけではなく、「優位」や「優勢」などの意味で使われることも多いですが、全て「有利」という意味合いで捉えるとわかりやすいです。
かみ砕いて言えば「優位」は「有利な位置」、「優勢」は「勢いなどが有利な状況」という意味ですからね。
色々な使われ方がありますが、とにかくアドバンテージは「有利」という意味だと理解しておけば良いでしょう。

また、アドバンテージはスポーツ用語としてもよく使われており、テニスなどではデュースの後に1点先取した状況のことを言います。
「1点先取して有利になった状況」という意味ですね。
このほかにもサッカーなどでは、反則があった時に審判がプレーを止めないことを「審判がアドバンテージをとった」と表現したりします。
これは「反則されたチームにとってプレーを止めない方が有利に働くと審判が判断した」という意味です。
いずれも「有利」という意味です。

アドバンテージの使い方

  • ライバルに比べて僕にはアドバンテージが沢山あるから負けるはずはない。
  • 大きなアドバンテージを得たことで、気持ちが楽になった。
  • 審判がアドバンテージをとったことで、プレーが続行された。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。