俯瞰の意味とは?

ちょっと難しい字が使われている「俯瞰(ふかん)」という言葉。
「全体を俯瞰する」というように使われますが、その意味は何でしょうか。

スポンサーリンク

俯瞰の意味

俯瞰(ふかん)は「高い所から見下ろすこと」という意味の言葉です。

「俯瞰」は物理的な意味でも比喩的な意味でも使われます。
たとえば「ビルの上から街を俯瞰する」で「ビルの上から街を見下ろす」という物理的な意味になり、「世の中を俯瞰する」で「世の中を客観的な視点で広く見渡す」という比喩的な意味になります。
比喩的な意味の方は「広い視野で物事を見る」ということです。

俯瞰は「鳥瞰(ちょうかん)」ともいい、どちらも同じ意味の言葉ですが、意味的には「鳥瞰」という漢字の方がわかりやすいです。
「鳥のような視点で物事を見る」ということですね。

漢字をみると「俯」は「下を向く」、「瞰」は「見下ろす」という意味を持っています。
2つを合わせた「俯瞰」で「高いところから見下ろす」となります。

俯瞰の使い方

<物理的な意味>

  • 山の上から俯瞰する景色が素晴らしい。
  • 俯瞰図をみると、地形の様子がよくわかる。

<比喩的な意味>

  • 世の中の流れを俯瞰する。
  • これまでの人生を俯瞰した。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。