アニバーサリーの意味とは?

よく「10thアニバーサリー」などと書かれているのを目にしますが、なんとなく「お祝い事があるんだな~」くらいに理解している人が多いかもしれません。
漢字で書いた方がわかりやすくて宣伝にもなると思うのですが、なぜかカタカナや英語で「アニバーサリー(anniversary)」と表記されることが多いです。

スポンサーリンク

アニバーサリーの意味

アニバーサリー(anniversary)は「記念日」「記念」という意味の言葉です。

辞書には「記念日」という意味で載っていますが、日本で使う場合には「記念」という意味で理解した方がしっくりくると思います。
例えば「10thアニバーサリー」だと「10周年記念日」より「10周年記念」の方が正確な意味であることが多いです。
ですので「アニバーサリー」は「記念」と理解した方が良いでしょう。

海外では「結婚記念日」など身近な記念日に使われることも多い「アニバーサリー」ですが、日本では企業の創立記念やアーティストのデビュー記念という意味で使われることが多い印象です。
日本で個人的な記念日を「アニバーサリー」と言っている人はあまりいないと思います。

アニバーサリーの使い方

  • 東京デズニーランドの開園10周年アニバーサリー企画は良い思い出になっている。
  • 有名アーティストの20thアニバーサリーとしてニューアルバムがリリースされた。
  • パソコン会社が創立15周年アニバーサリーモデルを発売した。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。