クロニクルの意味をわかりやすく

クロニクルはなんとなく聞いたことがある言葉ですが、意味を知っている人はそう多くは無いでしょう。

スポンサーリンク

クロニクルの意味とは

クロニクルは「年代記」「編年史」という意味の言葉で、英語では「chronicle」と表記します。
年代記と編年史は共に「歴史上の出来事を年代順に記したもの」という意味の言葉です。

クロニクルの使い方

  • 本社のクロニクルを載せておきます。
  • ヨーロッパのクロニクルが読みたい。
  • ねじまき鳥クロニクルを読了した。

最後は村上春樹の小説のタイトルです。
ちなみに読了(どくりょう)とは「読み終わった」という意味の言葉です。

「クロニクル」はその意味や語感の良さから小説や映画、ゲームのタイトルに用いられることが多いです。
例えば、「関ジャニ∞クロニクル」(バラエティ番組のタイトル)、「英雄クロニクル」(ゲームタイトル)、「競馬クロニクル」(ゲームタイトル)、「天下統一クロニクル」(カードゲームタイトル)、「クロニクル」(映画タイトル)など、このほかにもかなり多くあります。

「クロニクル」はエンターテイメント系の商品タイトルとして用いられることが多いので、友達との会話の中で意味を聞かれたときに、適切に答えられると気持ちがいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。