プライオリティの意味とは?

「プライオリティ(priority)」は日常的にはあまり使われませんが、ビジネスシーンではよく使われる言葉です。
仕事場で「これはプライオリティが高いからね!」と言われて意味がわからないと大変なことになりかねないので、意味はしっかりと理解しておきましょう。

スポンサーリンク

プライオリティの意味

プライオリティ(priority)は「優先順位」「優先権」という意味の言葉です。

例えば「プライオリティが高い」で「優先順位が高い」、「プライオリティを獲得する」で「優先権を獲得する」という意味になります。

プライオリティはビジネスシーンで使われることが多く、「プライオリティの高い仕事」といえば「優先順位の高い仕事」、つまり「優先的に早く片付けるべき仕事」を意味します。
仕事はプライオリティの高いものから順に片づけていくのが基本です。

ただし、「プライオリティ(優先順位)」と「重要度」は必ずしもイコールではないことに注意が必要です。
プライオリティが低くても重要度が高い仕事、つまり「今すぐにやる必要はないが重要な仕事」もあるということですね。

プライオリティの使い方

<優先順位という意味>

  • プライオリティの低い仕事を後回しにした。
  • 僕のプライオリティ第一位は彼女とのデートである。

<優先権という意味>

  • ライバル研究者と論文のプライオリティを巡って争っている。
  • 歩道では歩行者にプライオリティがある。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。