精査の意味とは?

「精査した上で検討いたします」などとビジネスシーンでよく使われる「精査(せいさ)」という言葉。
ビジネスマンであれば意味を知っておいた方が良い言葉です。

スポンサーリンク

精査の意味

精査(せいさ)は「詳しく調べること」という意味の言葉です。

「精査した上で検討いたします」は、わかりやすく言えば「詳しく調べた上で考えます」という意味です。
ビジネスシーンで、すぐに決めかねるようなことを相手から言われたときに、「精査した上で~」という言い回しはよく使われます。
その場ですぐに判断できないような場面に出くわした時に便利な言葉なので覚えておくと良いでしょう。

また、精査とよく似た言葉に「調査」がありますが、こちらは「物事を明らかにするために調べること」という意味の言葉です。
どちらも「調べる」という意味の言葉ですが、「精査」は「詳しく調べる」というニュアンスが強いです。
「精」は「詳しく」という意味を持っており、「査」は「調べる」という意味を持っているので、「詳しく調べる」という意味になります。

精査の使い方

  • その件に関しましては精査した上で検討させていただきます。
  • 精査した結果、今回は見送らせていただくことになりました。
  • 契約に際して書類内容を精査するように指示された。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。