ジェネラルの意味とは?

「ジェネラルマネージャー」という言葉でよく耳にする「ジェネラル(general)」という言葉。
意味は2つあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

ジェネラルの意味

ジェネラル(general)の1つ目の意味は「一般の」「全体の」という意味です。

「ジェネラルマネージャー」の「ジェネラル」はこの意味で、ジェネラルマネージャーは日本語で「総支配人」や「総責任者」と訳されています。
ゼネラルマネージャーは組織に対して決定権を持っており、非常に位の高い役職です。

ジェネラルの2つ目の意味は「将軍」「司令官」という意味です。

かつて日本を占領していたアメリカGHQの最高司令官「ダグラスマッカーサー」は「ジェネラルマッカーサー」とも呼ばれており、これは「マッカーサー将軍」や「マッカーサー司令官」という意味になります。

ジェネラル(general)は英語であり、発音としては「ジェネラル」の方が英語に近いですが、「ゼネラル」とも表記されます。
個人的には「一般の」「全体の」という意味では「ゼネラル」、「将軍」「司令官」という意味では「ジェネラル」が使われることが多い印象です。
意味は同じなので、どちらを使っても大丈夫です。

ジェネラルの使い方

<一般のや全体のという意味>

  • 苦節20年。ようやくジェネラルマネージャーに昇格した。
  • 近所に大きなジェネラルホスピタル(総合病院)ができるらしい。

<将軍や司令官という意味>

  • ジェネラルマッカーサーのトレードマークは葉巻である。
  • ジェネラルからの指令が現場に届いていないようだ。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。