架電の意味とは?

「架電(かでん)」は一見すると難しそうな言葉ですが、とても簡単な意味の言葉です。
架電はどのような意味の言葉でしょうか。

スポンサーリンク

架電の意味

架電(かでん)は「電話をかけること」という意味の言葉です。
この言葉はビジネス用語であり、日常ではあまり使われません。

普通に「電話をかける」と言えば良さそうですが、「架電」の方が短くて済みますから、便利な言葉であることは確かです。
特に、よく使われる「架電の件」という言い回しは「先ほど電話した件」という意味になるので、言いやすいかもしれません。

「電話を架(か)ける」で「架電」です。
「架ける」は物理的なニュアンスが強いので、電話は「掛ける」が正しいという意見もありますが、電話線のイメージから「架ける」となっています。
もちろん「電話を掛ける」という使い方も正しいです。
ただし「掛電」という言葉はないので注意してください。

また、架電はあまり一般的ではなく、使う人もそれほど多く無いので、通じない可能性にも留意しておいた方が良いでしょう。

架電の使い方

  • 架電の件ですが、やはり先方の意見をのむことにしました。
  • 個人情報保護法の影響で、架電の営業がやりにくくなった。
  • 取引先に架電して確認したところ、こちらの勘違いだった。

というように使います。

「架電」は電話線のイメージが強く、コードが付いているような固定電話に似合う言葉なので、スマホ時代には廃れていくのかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。