ブリーフィングの意味とは?

ビジネスなどで使われることの多い「ブリーフィング」という言葉。
意味を知らないと困ることもあるので、その意味はしっかりと理解した方が良いでしょう。

スポンサーリンク

ブリーフィングの意味

ブリーフィング(briefing)は「簡単な報告や説明」という意味の言葉です。

もともとブリーフィングは軍隊用語として使われており、「出撃直前にパイロットに与える簡単な作戦説明」という意味の言葉でしたが、これが転じて様々な分野でも使われるようになりました。

したがって、何かを共同で行うときに、事前に行われる簡単な報告や説明が本来的な意味の「ブリーフィング」なのですが、日本では綿密な打ち合わせについてもブリーフィングという場合があるので、その辺りは柔軟に捉える必要があるでしょう。

ブリーフィングの使い方

  • 難しい手術の前に医者から最終ブリーフィングを受け、いよいよ明日、手術本番となる。
  • プレゼン前のブリーフィングで、資料にミスが見つかり慌てて修正した。
  • 大切な試合を前に、チームでブリーフィングを行った。
  • 出撃前のブリーフィングルームには、なんともいえない緊張感が漂っている。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。