チュートリアルの意味とは?

有名なお笑いコンビの名前にも使われている「チュートリアル」という言葉ですが、その意味を知っている方はそれほど多くないでしょう。
チュートリアルはどのような意味の言葉でしょうか。

スポンサーリンク

チュートリアルの意味

チュートリアル(tutorial)はもともと「個別指導」という意味の言葉で、これが転じて「パソコンなどの技術的な説明書や補助教材」という意味でも使われるようになりました。

チュートリアルはゲームの分野でもよく使われています。
たとえば、「新作のゲームにはチュートリアルが用意されている」といった場合は「新作のゲームには使用説明書が用意されている」というような意味になります。
ゲームやパソコンの場合は、チュートリアルがソフトウェアやweb上に公開されていることも多く、実際に操作して理解させるタイプの物も多いです。
わかりやすくて、まさに「個別指導」といった感じですね。

チュートリアルの意味を簡単に理解するのであれば「指導書」「使用説明書」と捉えても問題ないでしょう。

チュートリアルの使い方

  • 初心者向けにチュートリアルが用意されていたので、すぐにゲームを楽しむことができた。
  • チュートリアル機能が充実しており、パソコンおんちの僕でも問題なく作業できた。
  • チュートリアルを兼ねたシナリオなのだが、これがなかなか良くできている。

というように使います。

スポンサーリンク

2 thoughts on “チュートリアルの意味とは?

  1. lake24 投稿作成者

    コメントありがとうございます。
    お役に立てて嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。