カンファレンスの意味とは?

「カンファレンス」は使われている分野によって、意味が異なる言葉です。
ここではカンファレンスのそれぞれの意味についてわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

カンファレンスの意味

カンファレンス(conference)は「会議」「協議」という意味の言葉です。

医療分野では「ケアカンファレンス」と使われることも多く、これは「より良い医療サービスを提供するために開かれる会議」という意味になります。

一般的には上記のような意味で使われることが多いですが、カンファレンスには「同盟」「連盟」という意味もあります。
この意味ではスポーツの分野で使われることが多いです。
例えば「イースタンカンファレンス」と言えば、イースタンは東側を意味するので「東側の連盟」という意味になります。

このように、カンファレンスは使われる分野によって意味が異なるので、注意が必要です。

カンファレンスの使い方

<会議や協議という意味>

  • 大学の運営について、カンファレンスが開かれることになった。
  • より多くの患者さんに満足してもらうために、定期的にケアカンファレンスを開いている。

<同盟や連盟という意味

  • イースタンカンファレンスとウエスタンカンファレンスの優勝チーム同士が、いよいよ雌雄を決する。
  • 弱小チームをカンファレンス決勝に進めるチームに作り変えた。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。