スタンスの意味とは?

「基本的なスタンス」というように使われる「スタンス」という言葉。
日常的に使われており、耳にすることも多い言葉です。
スタンスには複数の意味があるので、ここではそれぞれの意味についてわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

スタンスの意味

スタンスには2つの意味があります。

1つ目は「物事に取り組む姿勢」「態度」「立場」という意味です。
日常的に使われる場合はこの意味であることが多いです。
例えば、「積極的なスタンスをとる」という場合はこの意味です。
物理的な姿勢や立場のことではなく、精神的な意味ですね。

2つ目は「立った姿勢」「構え」という意味です。
この意味では主にスポーツの分野で使われることが多いです。
野球やゴルフなどで、球を打つときの両足の位置が広い姿勢や構えのことを「スタンスが広い」というように表現したりします。

スタンスの使い方

<物事に取り組む姿勢や態度や立場という意味>

  • 首相は農業改革について積極的なスタンスをとっている。
  • 今までお茶を濁してきたが、そろそろ基本的なスタンスくらいは決めねばならない。

<立った姿勢や構えという意味>

  • 野球などで体を開いて構えることを「オープンスタンス」といい、その逆を「クローズドスタンス」という。
  • コーチに「スタンスが広すぎる」と注意された。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。