オフレコの意味とは?

「この話はオフレコでお願いします」というように使われる「オフレコ」という言葉。
よく聞くカタカナ語ですが、意外と意味を知らない人も多いです。
オフレコの意味を知らないとトラブルにもなりかねないので、しっかりと理解しておきましょう。

スポンサーリンク

オフレコの意味

オフレコは「記録や公表をしないこと」という意味の言葉です。
オフレコは英語の「off the record(オフザレコード)」の略で、「record」は「記録」という意味の言葉です。

「この話はオフレコでお願いします」と言えば「この話は記録や公表をしないでくださいね」という意味になります。
わかりやすく言えば「ここだけの話にしてくださいね」ということです。

この言葉は記者に対して使われることが多く、取材相手がオフレコを条件に取材に応じる場合も多いです。
公表されるとマズイ情報などを記者に提供する場合、オフレコが条件になることがあります。

ちなみに、オフレコの反対語は「オンレコ」です。
オンレコは「on the record(オンザレコード)」の略語で、「記録や公表をしてさしつかえないこと」という意味の言葉です。

オフレコの使い方

  • 公表されると困るので、オフレコでお願いします。
  • オフレコを条件に情報提供をした。
  • 信頼を失うことを承知で、オフレコ情報を公表した。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。