ノスタルジーの意味とは?

ノスタルジーを感じた経験は誰でも一度はあると思います。
便利な世の中になるにつれて、ノスタルジーに浸る機会も多くなるのかもしれません。
ノスタルジーにはノスタルジアやノスタルジックなどの似た言葉があり、混乱しやすいので、ここではそれらの言葉についても説明していきます。

スポンサーリンク

ノスタルジーの意味

ノスタルジー(nostalgie)はフランス語で「故郷や過ぎ去った時代を懐かしむ気持ち」という意味の言葉です。
日本語では「望郷(ぼうきょう)」や「郷愁(きょうしゅう)」と訳されます。
ノスタルジーを具体的にいえば「あの頃はよかったなぁ」という気持ちや「故郷が懐かしいなぁ」というような気持のことです。

また、ノスタルジーは英語では「ノスタルジア(nostalgia)」といい、意味はどちらも同じですが、「ノスタルジーを感じる」とはいっても「ノスタルジアを感じる」とはあまりいいません。
日本ではノスタルジーの方が一般的でしょう。

そしてノスタルジック( nostalgic)は「望郷や郷愁を感じさせるさま」という意味の英語で、ノスタルジーやノスタルジアが名詞であるのに対して、ノスタルジックは形容詞です。

まとめると、ノスタルジーがフランス語の名詞、ノスタルジアが英語の名詞、ノスタルジックが英語の形容詞ということです。

ノスタルジーの使い方

  • 上京してはや一年、ここのところ毎日のようにノスタルジーを感じている。
  • ノスタルジーに浸るために、近所の田んぼによく足を運ぶ。
  • 視聴者のノスタルジーを刺激するドラマが大ヒットしている。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。