ネセサリー(necessary)の意味とは?

「ネセサリー(necessary)」は日本ではあまり日常的に使われる言葉ではありませんが、曲のタイトルなどとしてよく使われてます。
ネセサリーはどのような意味の言葉でしょうか。

スポンサーリンク

ネセサリーの意味

ネセサリー(necessary)は英語で「必要な」「必需品」という意味の言葉です。

ネセサリーは英語圏では日常的に使われている言葉ですが、日本では例えば「料理に塩はネセサリーである」というようには使われません。
意味は合っていても、このような使い方ではたぶん通じないでしょう。

ネセサリーは日本では曲名などとして使われることが多いです。
例えば、槇原敬之やEvery Little Thingなどの有名アーティストの楽曲名に「ネセサリー(necessary)」が使われています。
友達との会話の中で、意味を知っているとカッコいいかもしれないですね。

ネセサリー(necessary)の使い方

  • 槇原敬之のNecessaryは非常に良い曲である。
  • Every Little ThingのNECESSARYという曲のプロモーションビデオにはタレントの坂本三佳が出演している。
  • 家の近所にnecessaryという地域密着型のサロンができた。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。