妬みの意味とは?

「妬み(ねたみ)」は日常的に使われており、よく耳にする言葉です。
妬みはどのような意味の言葉でしょうか。

スポンサーリンク

妬みの意味

妬みは「他人をうらやましく思って憎むこと」という意味の言葉です。
「嫉妬(しっと)」と同じ意味です。

例えば、会社で同僚が先に出世していったり、好きな異性が自分以外の誰かと付き合ってる場合などに湧き上がってくる憎しみの気持ちが「妬み」です。
「妬み」や「嫉妬」をかわいく言えば「やきもちをやくこと」です。

「妬み」と似た言葉として「嫉み(そねみ)」がありますが、辞書によっては妬みの意味の説明に「そねみ」、嫉みの意味の説明に「ねたみ」と書いあるので、これらは同じ意味の言葉と理解しても問題ないでしょう。
この2語は「妬み嫉み(ねたみそねみ)」とセットで使われることもよくあります。
その場合も意味は同じです。

妬みの使い方

  • 先に出世していった同期に対して妬みの気持ちがある。
  • 大成功をおさめた陰で、多くの人の妬みを買った。
  • 妬み嫉みは人間であれば誰でも抱く感情だろう。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。