ナマステの意味とは?

「ナマステ」は日本人であっても1度は耳にしたことのある言葉だと思います。
ナマステの意味は簡単です。

スポンサーリンク

ナマステの意味

ナマステはヒンディー語で「おはよう」「こんにちは」「こんばんわ」「さようなら」などを意味する挨拶の言葉です。
ナマステ1語でほとんど全ての挨拶の言葉をまかなえます。
ナマステは様々な場面で使えるとても便利な言葉なので、インドに行く予定がある人やインド人と友達になりたい人などには必須の言葉です。

ちなみにヒンディー語はインドの公用語で、もっとも多くのインド人が話している言葉です。
ヒンディー語でナマステを表記すると「नमस्ते」となります。
書くのは難しそうですが、ナマステと口にするのは簡単なので覚えておくと役に立つでしょう。

ナマステの詳しい意味

ナマステの「ナマス」は敬意や尊敬を表す言葉であり、日本人にも馴染み深い「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」の「南無」の語源になっている言葉です。
そして「テ」は「あなた」を意味する言葉であり、「ナマステ」は直訳すると「あなたに敬意を表します」という意味になります。

相手にナマステと言う際には合掌し、お辞儀をするのが作法です。
このように挨拶をされて悪い気がする人はいないでしょうし、日本の風土にも合いそうな挨拶の仕方なので、いつか日本でも流行るかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。