トレース(trace)の意味とは?

トレース(trace)は色々な意味を持っており、幅広い分野で使われている言葉です。
ここではトレースの意味についてわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

トレース(trace)の意味

トレース(trace)は「なぞる」「追跡する」「写す」という意味を持つ言葉です。

トレースは色々な分野で使われている言葉で、例えば、登山用語では「踏み跡」や「踏み跡をたどること」という意味で使われていますし、コンピューター用語では「プログラムの実行過程をたどって調べること」という意味で使われています。
このほかにも、単に人の後を追跡することも「トレース」といいますし、図面などを敷き写すことも「トレース」といいます。

ここで挙げたほかにも色々な場面で使われているトレースという言葉ですが、前述した「なぞる」「追跡する」「写す」の3つの意味を知っておけば、あとは前後の文脈から大体の意味を判断できると思います。

トレースの使い方

<追跡するという意味>

  • 犯人の車をトレースしている最中に事故に遭い、犯人に逃げられてしまった。

<踏み跡をたどることという意味>

  • トレースすることで体力を温存することができる。

<プログラムの実行過程をたどって調べることという意味>

  • 自作のプログラムをトレースしたところ、山ほど誤りが見つかった。

<写すという意味>

  • お手本の図面をトレースしていたところ、誤ってお手本に傷をつけてしまった。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。