つきましてはの意味、簡単な使い方

つきましては

ビジネスメールなどでよく使われる「つきましては」という言葉。

使いにくそうに感じるかもしれませんが、意味がわかれば簡単に使えます。

この記事では「つきましては」の意味や使い方について解説してきます。

「つきましては」の意味を知り、適切に使いこなせるようになりましょう。

スポンサーリンク

つきましてはの意味

「つきましては」の意味は2つあります。

1つ目は「したがいまして」「そういうわけで」という意味です。
「つきましてはご賛同頂きたく存じます」などの場合はこの意味です。
この意味では前に何か話があってから「つきましては~」という形で使います。
後には何かお願い事がくることが多いですね。

2つ目は「~に関しては」という意味です。
「その件につきましては」などの場合はこの意味です。
この場合は「~つきましては」という形で使われるので区別がしやすいと思います。

「つきましては」を漢字で書くと「就きましては」となります。
「就いては」の丁寧語です。
したがって、「ついては」も「つきましては」と同様の意味になるので、場面によって使い分けると良いでしょう。

つきましてはの使い方

<したがいまして・そういうわけでという意味>

  • つきましては是非一度お会いしたいと存じます。
  • つきましては皆さまのご出席を賜りたく存じます。

<~に関してはという意味>

  • その件につきましてはすでに承知しております。
  • この問題につきましては全力で対処していく所存です。

というように使います。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。