ドラフトの意味とは?

野球が好きな方にはお馴染の「ドラフト」という言葉。
この言葉は複数の意味を持っており、色々な場面で使われています。
ここではドラフトのそれぞれの意味についてわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ドラフトの意味

ドラフトは主に3つの意味で使われています。

1つ目は「人を選抜すること」という意味です。
この意味では野球の「ドラフト制」や「ドラフト会議」という言葉でよく使われます。
ドラフトはもともとラテン語の「引く」という意味の言葉が語源なので、「人を引き抜く」というニュアンスですね。

2つ目は「下書き」「下図」という意味です。
「ドラフト印刷」という場合はこの意味で「試し刷り」という意味になります。
語源を考えると「線を引く」というようなイメージですね。

3つ目は「生ビール」という意味です。
日本においては「ドラフトビール」は「生ビール」と同じ意味で使われています。
ドラフトビールや生ビールの定義は国によって異なりますが日本では「非加熱のビール」のことをいいます。

ドラフトの使い方

<人を選抜することという意味>

  • 高校時代のチームメイトがドラフト1位で巨人に入団した。
  • プロ野球ドラフト会議では甲子園で活躍した選手が注目されている。

<下書きという意味>

  • 執筆中の記事はまだドラフトの段階である。
  • 今描いている絵はまだドラフトだから、完成してから見せるよ。

<生ビールという意味>

  • 本場ドイツで飲んだドラフトビールの味が忘れられない。
  • お酒の中でアサヒ本生ドラフトが1番好き。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。