憧憬の意味とは?

「憧憬」は読み方が複数あるため、やや混乱しやすい言葉です。
ここでは憧憬の意味や読み方についてわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

憧憬の意味と読み方

憧憬は「あこがれること」という意味の言葉です。
「憧憬をもつ」で「あこがれをもつ」という意味になります。

漢字をみると、「憧」も「憬」も共に「あこがれる」という意味を持っており、2つを合わせた「憧憬」も「あこがれる」という意味になります。

憧憬は読み方が2通りあるので混乱しやすいです。
憧憬は「しょうけい」もしくは「どうけい」と読みます。
「しょうけい」が正式な読み方で、「どうけい」は慣用読みとなり、どちらの読み方も間違いではありません。
慣用読み(かんようよみ)とは「正式な読み方ではないが、広く用いられている読み方」のことです。
憧憬の正式な読み方は「しょうけい」ですが、一般的な読み方は「どうけい」なので、むしろ正式な「しょうけい」と読む方が間違いだと思われることが多いでしょう。

憧憬の使い方

  • 幼いころからフランスに憧憬をもっていたので、高校を卒業したらフランスの大学に行くつもりである。
  • アメリカンヒーローに憧憬の念を抱いていた友人がついにSマークの入ったコスチュームを購入した。
  • スポーツ万能で勉強もできる友人はクラスの女子たちの憧憬の的になっている。

というように使います。
憧憬は「憧憬の念」や「憧憬の的」という使い方でもよく見られます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。