ニッチの意味をわかりやすく

「ニッチ」はマーケティング用語として見聞きする機会の多い言葉ですが、マーケティング以外の分野でも使われている言葉です。
ここではニッチのそれぞれの意味についてわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ニッチの意味とは?

ニッチはもともと「隙間」という意味の言葉ですが、ここから派生して主に3つの意味で使われています。

1つ目は「他社が進出していない市場の隙間」という意味です。
「ニッチ市場」で「他社の進出していない隙間市場」、つまり「競争の激しくない市場」を意味します。
この意味ではマーケティング用語として使われています。

2つ目は「彫像や花瓶などを置くための壁のくぼみ」という意味です。
この意味では建築用語として使われています。

3つ目は「ある生物が生態系の中で占める位置や役割」という意味です。
この意味では生物学用語として使われています。

ニッチの使い方

<マーケティング用語としての使い方>

  • 売り上げが減少してきたので、ニッチ市場にも目を向けることにした。
  • ニッチな市場を見つけることができれば有利になる。

<建築用語としての使い方>

  • 教会の壁のニッチに飾ってある立派な彫像が印象深い。

<生物学用語としての使い方>

  • ミツバチは植物の受粉を助けるなど、そのニッチが非常に重要な生物である。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。