存じますの意味とは?

「存じます」はビジネスシーンでよく使われる言葉です。
目上の方やお客さんに対して使う言葉なので、間違いのないようにしておきましょう。

スポンサーリンク

存じますの意味

「存じます」は「思う」の謙譲語(けんじょうご)で、相手を立てるときに使う言葉です。
謙譲語とは、謙遜する表現を用いて自分を下げ、相手を立てる言葉。
したがって「存じます」は目上の方など、立てるべき相手に対して使い、部下や同僚に対しては使わないので注意しましょう。

また、似た言葉の「存じております」や「存じ上げる」は共に「すでに知っている」という意味で、「存じます」とは意味が異なる別の言葉なので混同しないようにしましょう。

存じますの使い方

  • 一足先にお戻りになった方がよろしいかと存じます
  • お目にかかれて光栄に存じます
  • しばらくの間、時間をいただきたいと存じます

というように使います。
基本的に、「思います」の使い方と同じで問題ありません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。