ないものねだりの意味とは?

「ないものねだり」はよく聞く言葉で、意味や使い方は簡単です。
「ないものねだり」はどのような意味の言葉でしょうか。

スポンサーリンク

ないものねだりの意味

ないものねだりは「無い物を無理に欲しがること」「実現できないことを無理に望むこと」という意味の言葉です。

「軽自動車にスポーツカーのような加速力を望むことは、ないものねだりである」というように使います。
軽自動車は安くて燃費が良いところが長所で、もともとスポーツカーとは用途が違うので、スポーツカーのような加速力は無いのが当たり前です。
このような無くて当たり前のものや実現できないことを無理に望むことを「ないものねだり」といいます。

ないものねだりを漢字で書くと「無い物強請り」となり、「強請る(ねだる)」は読み難い字ですが、「無理に頼む」という意味の言葉です。
したがって、「無い物」を「無理に頼む(強請る)」で「無い物強請り」となります。

ないものねだりの使い方

  • ないものねだりだとわかってはいるが、僕もジャニーズアイドルのような顔に生まれたかった。
  • 勉強もせずに大学に合格するなんて、ないものねだりもいいところだ。
  • ないものねだりをしていても仕方がない。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。